手をつなぐ

プロフィールビデオは結婚式の披露宴の際に上映することが多くなっています。
その中で上映するタイミングはカップルにより異なりますが、主にオープニングビデオかエンドロールとして使用されます。

プロフィールビデオをオープニングビデオとして上映する場合、披露宴の最初に上映することになるため、参列者の気持ちを一つにすることが出来ます。
また最初にプロフィールビデオを上映することで、華やかさを演出することもでき、魅力的な空間をつくることが出来ます。
さらにオープニングビデオとして上映することで、会場全体が祝福ムードとなった中で披露宴をスタートさせることが出来ます。
プロフィールビデオをオープニングビデオとして上映することで、こうした効果を得ることが出来ます。

プロフィールビデオをエンドロールとして上映する場合、感動的なクライマックスを演出することが出来ます。
新郎新婦の人生の歴史を振り返るだけでなく、参列者に対する感謝の気持ちやメッセージなどを取り入れることで、より印象深く感謝の気持ちを伝えることが出来ます。
このような工夫を取り入れることで、参列者を最後まで楽しませることが出来ると同時に、気持よく結婚式を終わりに導くことが出来ます。

オープニングビデオ、エンドロール、それぞれの効果を事前に把握することで、自分たちの結婚式に合ったプロフィールビデオの上映を行うことが出来ます。

Comments are closed.